植木屋さんの選び方や庭木を植えるメリット

植木屋さんは1本の剪定作業をしてくれるかどうかが判断基準

植木を考えている方へ

庭木は植物にない魅力が多くあります。庭木を植えて庭をさらに華やかにしたいと考えている方はこの記事を是非チェックしましょう。

人気の庭木ベスト5

no.1

ローリエ

家庭の庭木として最も人気を集めているものが「ローリエ」です。日本語では「月桂樹」と呼ばれます。横に広がらずに上にまっすぐと成長するので無駄なスペースをとりません。ローリエの葉っぱは香りが良く肉料理の臭い消しにも使えます。

no.2

ゴールドクエスト

人気の庭木ランキング第二位は「ゴールドクエスト」です。ゴールドクエストは数多くある針葉樹の中でも人気が高く、クリスマスツリーにも使うことができます。寒さに強いことが特徴なので、寒い地域ではよく植えられています。

no.3

オリーブ

三番目に人気の庭木は、「オリーブ」です。オリーブオイルで有名ですが庭木にも最適な常緑樹です。手入れも比較的簡単なため、庭木初心者の方でも安心して育てることができます。乾燥に強いことが大きな特徴です。

no.4

シマトネリコ

オリーブの次に人気が高い庭木は「シマトリネコ」です。沖縄や台湾など温暖な地域でよく育てられています。観葉植物としても人気が高く屋内で育てることも可能です。メスの木を育てると、夏に白い花を咲かせます。

no.5

ハナミズキ

ハナミズキも日本では人気の庭木です。美しい花を咲かせることで有名です。また、花だけではなく秋には紅葉も楽しむことができるので、1本で2つの楽しみを得ることができます。病気に強いため比較的育ていやすいことも魅力の1つです。

植木屋さんの選び方や庭木を植えるメリット

のこぎり

植木屋の選び方

家の庭に木を植えたい方は、ぜひ植木屋さんに植木を依頼しましょう。ここでは、植木屋さんの選び方を説明します。まず優良な植木屋さんかどうかを判断するポイントの1つが「1本からの剪定でも引き受けてくれるかどうか」です。実は1本の剪定だけでは、選定する側としては大した稼ぎにはなりません。しかし、優良な植木屋さんはお客様のことを第一に考えているので1本からでも剪定を引き受けてくれます。1本でも剪定してくれる植木屋さんは信頼することができるでしょう。次に「見積もりがしっかりしているかどうか」をチェックしましょう。剪定料金やごみ処理の手数料、雑費など細かい内訳の料金を明確に提示してくれ、追加料金を発生させないような植木屋さんを選ぶようにしましょう。

庭木を植えるメリット

大阪で庭木を植えている家庭は多くありますが、そもそも、庭木を植えるメリットとはなんでしょうか。庭木を植えると得られるメリットの1つが、「庭の見た目の変化」です。庭木は高いものもあれば低いものもあり、高低差に富んでいます。植物だけではなく庭木も植えることで、庭の見た目に高低差と奥行きが出て庭の見た目が華やかになります。また、庭を広く見せる効果も期待できます。2つ目のメリットは、「日差しや風の防止」です。高くて大きな木を植えることで、夏の暑い日差しや冬の寒い強風を防ぐことができます。自然のバリアといえるでしょう。3つ目のメリットが「目隠し効果」です。家の周りに木を植えることで、壁の役割をしてくれ外から家の中を見えないようにしてくれます。庭の見た目を良くするだけではなくプライバシーを守る効果もあるのです。この3つが庭木を植える代表的なメリットになります。

庭木を植える前に

庭木を植える前に注意すべきポイントを説明します。まずは、庭木のスペースの確保です。庭木がまだ若いうちに植えるときは実感することができませんが、樹木は時間が経てば予想以上に大きくなります。そのため、木を植える部分には数年後を見越して大きなスペースを確保しておきましょう。次に庭木に合った環境の構築です。暑さや寒さ、湿度と乾燥など木によって得意とする環境は違います。自分の住んでいる地域に合った庭木を選ぶことが大切です。すでに目的の木が決まっている場合は、その木が健康に育つように環境構築を行っておくことが大切です。庭木のための「スペース確保」と「環境構築」は木を植える前にしっかり確認しておきましょう。

庭木の主な管理作業

庭木の代表的な管理作業は、「剪定」と「施肥」の2つです。まずは剪定ですが、庭木は定期的に枝を切る剪定作業を行わないと健康的に育ちにくくなります。見栄えにこだわるのならば、庭木の見た目が悪くなるごとに剪定を行うようにしましょう。見た目にこだわらない場合でも3~4ヶ月に一回剪定を行っておくと安心です。次に施肥ですが、施肥のタイミングには「寒肥」というものがあります。寒肥とは、根の活動力が低下している1月頃に肥料を与えることで庭木に栄養を与えることをいいます。寒肥が最も重要ですが、肥料は定期的に与えるようにしましょう。剪定と施肥以外にも、台風対策や病害虫対策など管理作業は他にもあります。管理作業が難しい場合は植木屋さんに管理を依頼することもできます。

広告募集中